土佐駅弁フォーラム・受付では

7月17日の土佐駅弁フォーラムから早10日、連日焦げるような暑さが続いております。

フォーラム当日は、朝のうち少し降ったかと思うと、受付開始までには見事なくらい晴れて、本当にラッキーでした。

当日のフォーラム参加申込者は37名、駅弁のみ購入希望者の分と合わせて、準備されたお弁当の総数は160。
受付には、わたしを担当として学会員数名と、仕出しのあんどうさんから3名と、こどもが作るこどものためのまち『とさっ子タウン』実行委員会の学生6名が当たりました。

フォーラムの始まる直前の混みようを予想していたものの、実際にお弁当が届いてみると置き場所が案外せまく、ある程度事前に考えていた形通りにはいきませんでした。受付をして駅弁を受け取ってお金を渡す、という一連の流れをかなりもたつかせてしまい、申し訳なかったなぁ、と反省しています。

でも、申し込みをしてくださった方々は、駅弁の出来に期待して下さったのでしょう。ほとんどの方が笑顔で、ワクワクする気持ちを共有できるような会話を交わすこともできました。ありがとうございました。

ある程度受付の様子が落ち着くと、まだ引き取りが済んでいないお弁当をのぞきに来たり、声をかけてくださった方も大勢いらっしゃいました。

すぐ後ろでフォーラムは楽しく進行中なわけですから、そちらの方をじっくり見ていっていただけるといいのですが、そちらに回ると「なにやってるんですか?」と聞くのもはばかられる、と思った方もたくさんいらっしゃったのでしょう。フォーラムを進行しているスタッフに向けて、ねぎらいの言葉を残してくださる方もいらっしゃいました。

駅弁そのものに興味があり、予約はしていないけど中身を知りたい、買えるなら買いたい、という方もおおぜいいらっしゃって、予約制だったこと、余分はないことなどをお話しすると、「残念…」と帰っていかれる姿には、こちらもとても残念に思いました。

でもそんな風に少しでも話ができたことで、駅周辺にお勤めの方や、たまたま駅を通ったらなんかやっていたので声をかけてみたという方、旅行者の方などいろいろな方が、興味を持って見守ってくださったことが伝わってきて、とてもうれしく、ありがたかったです。

その中には辰巳琢郎さんも!!!ちょうど南風号で移動、というところだったそうです。これもフォーラムの勢いが呼びこんだ幸せの一つかな。と思ったことでした。

以上感想ばっかりでまとまりがないですが、フォーラム当日受付からの報告でした。(武市学会員)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする